大切にしている時間① マイノートを書く

感じていること、したいことをノートに書き出すというのを
3年前から始め、気づいたら10冊を超えていました。

これは私にとって、絶対に必要な習慣だけども
書いているわりに、読みかえすことは殆どしなかったと思う。
色んなアイデアを描くだけでなく、叱責したり、暗かったり
最後にはめちゃくちゃなノートになっていた。

でも先日、久しぶりの東京で、駅の本屋でウロウロしていたら
この本を見つけてしまい、以来、この書き方を続けています。

 

やり方はとてもカンタンで
最初に日付を書き(20170713のような数字で)
あとは自分の好きなことを書いていくというだけのもの。

表紙にあるように
自分のしたいファッションのこと、欲しいもの、もらった手紙
なんでも書いたり貼りつけたりして、自分の雑誌をつくるような
イメージで書いていく。

仕事、子育て、料理レシピ、自分の夢、と
ジャンルごとにノートを分けずに書いていくのもポイント。

(私は最初、仕事ノートだけは分けた方がいいんじゃ?と
 2冊にしていたけど、ちょっとしたインスピレーションや発見を
 どっちに書けばいいのか迷うようになっていった。
 両方に同じ内容を書かなければおかしい、という状況もあった。
 なので1冊にまとめることは、私にはとても合っている。)

 


このノートは、アルバムのように使えるところが良い。

映画のチラシ、ワークショップでもらった資料、写真
何でも貼りつけているので、後で見返すと「その時」があざやかに
よみがえってくる。

(ごちゃごちゃしまっておく、というタイプの人には
 とても良いと思う。)



今はバイト&キャンドル制作の日々で
気持ちが少し単調になってしまっていたこともあったけれど
ノートでふり返るとそうでもない、毎日きめこまやかに何かしらある。
そう気づいてからは、ダレてしまった時も
良い状態にすっと戻れるようになった。

これを書き始めてからは、手帳の4行日記は書かなくなってしまった。
大人の絵日記は思いのほか楽しく、役立つ。