大切にしている時間② 早朝の海で泳いでさっぱり浄化

東京に住んでいた頃、よく岩場で泳いでいる夢を見た。
天気は最高で、海の中はきらきらしていて、魚たちが泳いでいて
これ以上ないほど楽しい気持ちが胸いっぱいに広がって。

子どもの頃、実際こうやって泳いでいて
それが忘れられなくて、しつこく夢に出てきていた。

なので、大きな声では言えないが、5年前からまた実行している。
岩場で、帽子とゴーグルをつけて、魚たちを眺めながら泳ぐ。
あまり人には見られたくなく、誰にも見つからない場所を見つけて
家族や友人だけを連れ、毎年そこに泳ぎに行っている。

f:id:beinginthepink:20160820160249j:plain

 

岩場で泳ぐのは最高に素敵!
鯛、イシダイ、かささご、フグ、ウニ、あとは名前も知らない
さまざまな魚を眺めながら泳ぐ。

調子に乗って、沖のほうまで泳いでしまうこともあるけれど
昨年、隣町の海でサメが見つかってからはやめている。

 

海で泳ぐのは、私にとっての一番の浄化。
電磁波とは切っても切れない暮らしをしているけれど
海に入るとスコーンと抜ける感じがある。本当に軽くなる。

いろいろくっついてくる余計なものを祓うにも良い。

私の場合はなぜか、お菓子とか、身体によくないものを
摂りたくなくなる。
何が余計なことなのかよく分かり、それをする気がなくなって
スッキリ感がすごい。

(サーファーの人達に、オーラが輝きまくってる人が多いのも
 頷けます。)

 

 

で、昨年からはついに早朝にも泳ぐようになった。
朝6時頃の砂浜は、ほとんど誰もいないので、気兼ねなく泳げる。

これは友達に教えてもらった。



その昔、湘南あたりでフリーペーパーを手に取ったら
「海を温泉だと思っています」という見出しがついた記事があった。

若い男性が、本当に温泉に入るみたいに静かに、海に浸かっていた。

確か「朝は海に浸かってから出勤します」という
湘南暮らしをPRするような、インタビュー記事だったと思う。

私はその記事が忘れられなかったけど、実行する勇気はなかった。

でも今は普通に実行しています。
人に見られたら「泳いでいるだけですが、何か?」というぐらい
瞬間的に開き直れれば大丈夫。

 


海沿いに住んでいる人は、ぜひ実行してみてほしいです。